2014年8月の旅その2

銚子を後にした。
雨が降る前に行きたいところがあったのだ。
香取神宮と鹿島神宮。
正直に言えばどんな神様が祀られているのかも知らなかった。
今でもよくわかってはいない(笑)
細かいことはわからぬが、戦の神として信仰を集めていたようだ。




香取神宮↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E5%8F%96%E7%A5%9E%E5%AE%AE

銚子からは意外と近かった。
道中、右手に利根川を眺める。
大きい。
そして、これは釣りしたらおもしろいであろうな、と妄想していた。
大鯉がいるだろうし、何か釣れそうな雰囲気であった。

途中で雨が降りだした。
致し方なし。
着いたころには土砂降り。
仕方ないので車で休む。
ちなみに車中泊仕様はこういう感じ。
お座布団をしくだけ。
アレコレ試したが、これが一番具合が良い。
エアウエイブはサブロクの板、つまり畳一畳がちょうど収まる荷室のサイズ。
寝るにはちょうど良いサイズ。
独り旅なら荷物も余裕である。


そうこうしていると雨が小止みになった。
さっそく香取神宮へ。











なかなか凝った作りの灯籠である。
それぞれ施主の名前が刻まれていた。










さすが神宮である。
壮麗で威厳のある佇まい。











素晴らしい。
とにかく本殿が素晴らしい。











参道にはお店も並んでいた。
厄落とし団子あったので食す。
星占いでは今年厄年なのだ。
落ちまくれ厄。
香取神宮はすっかり気に入ってしまった。
細かいことはわからないが、この雰囲気は素晴らしいものがある。
神社があり、参道があり、お団子が食べられる(笑)素晴らしいことでありますよ。

さて、鹿島神宮へ。
香取神宮から霞ヶ浦、北浦を抜けたらじきに鹿島である。
さすがに名前だけは知っていた。
実に立派な鳥居である。
雨も上がった。
ラッキー(笑)





門前町が形成されているのがよくわかる。









ふむふむ。













そうそう、ちょうど式年大祭の前で準備がされていたのだ。











熱田さん?













奥の宮なり













この雰囲気いいな。
蚊も多いが。












地震、もう起きないといいですな。












ランチは境内にある茶屋にて。
茶屋ってレベルじゃねーぞ。
旨かった。
そばもいい。
名物の納豆と地元で採れたモロヘイヤの混ぜたんが旨かった。


コーヒーも旨かった。
竹炭がマドラーになっていて、使ったら持って帰っていい模様。
忘れてきたけど。
若い大学生ぐらいの男子が店にハチが入ってきて大騒ぎ。
情けないのう。
おじさんなら黙って逃げるぞ。



本殿前はテントがあった。
この後少し街歩きをした。











http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E5%AE%AE

一日に2つも神宮を回るとは。
愛知県民は神宮が身近に2つあるので、あんまり思わないが、神宮って格別ですからな。
ありがたや。

さて、どうするか。
天気が回復し、だんだん暑くなってきたので、しばらく車で休んだ。
でも、かなり過ごしやすい気温であった。

つづく

コメント