展望2018.4.18

インターネット、あるいはテクノロジーというおとぎ話
久々にマンガ読みまくりました。

『鬼灯の冷徹』を大人買いしたもんですから。
こういう感じは好きですね。
世界観をきっちり作り込んで楽しめる感じ。
キャラだと茄子が大好きです。
可愛いです。
キンドルでも良いんですが、どうも現物が好きです。
人に貸し借りもできますし。
本もマンガもやっぱり現物派ですね。
どこかでデータというものに歯止めをかけておかないと、いざという時に何も楽しむ事ができなくなってしまうような気がしています。
無駄な心配性です。

パンクしないノーパンクタイヤ 自転車用や自動車用で開発進む
ノーパンクタイヤの自転車を買おうかと思い悩んで早三年。

ゲームセンターが低迷脱出し3年連続売り上げ増
だいぶ潰れてしまいましたが、パチンコが落ち目になってきたので復活してきている感もあります。
暇つぶしならメダルゲームがコスパ良いですからね。

男性「日本で一番治安が悪い地区やぞ、怖いやろ?」ドイツ人女性「・・・」
調べてみたら私の住んでいる区は新宿区より犯罪発生率が高い事が判明しました。
確かに昔から犯罪が身近な環境でした。
これは感覚的なものですが、犯罪発生率がある一定のラインを越えている地域に住んでいますと、考え方や物事の見方が多少変化します。
昔から他人を見たら盗人と思えなんて言いますが、それに近い性分になりますね。
実際に幾度も犯罪には巻き込まれました(暴行傷害の類ではないです)ので、余計そういう性分になりました。
同じような環境の人と話していると感覚的に近いなぁと思うのが、犯罪や危険行為には自分から絶対に近づかないクセがつく事があります。
妙な危機回避能力は身につきました。
でも向こうから来るタイプは何ともなりませんね。
窃盗やら何やらは避けようがありません。
あとガチでヤバイ奴ってのがなぜヤバイかと言うと、まったく予測不能な行動をしてくるからです。
なんかの中毒やら何やらですが、ああいう手合だけは何ともなりません。
子供の頃に追いかけ回されたことがありますが、逃げるしかないですね。

アルコールは百薬の長どころか「万病の元」だ 宴会前に押さえておくべき飲酒リスクの恐怖
まぁそうかもしれませんが、呑める時に呑んでおきたい派です。
おかげさまとしか言いようがないですが、良い酒縁いただけたおかげで色々呑んできました。
昔ほど好奇心に任せて呑んでみるって事は減りましたが、それでもまだ呑んでみたい酒はたくさんあります。
酒の種類的には割りとあらかた呑んだ気もしますが、銘柄ですねやっぱ。
高いやつって事でなくて、思い描いている味だったり未知の美味さの酒だったり、そういうのを探すのが楽しいんですね。
そういえば不思議とビールはあまり呑みたくならない派なんです。
急激に呑みたくなる酒というと白ワインなんです。
それもキンキンに冷やしてキュッと喉を滑る辛口一献みたいなやつ。
本当に美味い白ワイン(まぁ種類の差もありますがバランスが良い感じのやつとか)って感じのやつとはちょっと違う感じ。
キュッといきたいですねぇ、キュッと。

イオンがVisaのタッチ決済導入へ--2020年までにキャッシュレス比率8割を目指す
手持ちのイオンカードはJCBなんですよ。
これはいいかもしれんなぁ。

第494回:新型「スバル・フォレスター」がデビュー! ニューヨークショーで見た、率直な感想は?
諸事情でフォレスターからレヴォーグになりました家人の車。
まだ数回しか運転してませんが、レヴォーグは良いですね。
かつてのレガシィ感はなくなりましたが、出来が良いのはすぐわかります。
それでもフォレスターが懐かしいですね。
乗り味が良かったんです。
フォレスターはこのモデルチェンジで正解なんじゃないかと思いますが、これでレヴォーグの1600ccターボ積んでいたら日本でもっと売れると思うのですが・・・・
1600のターボの出来が想像以上に良くて、ディーラーの人も絶賛してましたからね。
日本仕様はどうなるんでしょうねぇ。