展望2018.5.19

セイコー、熊本地震で倒壊の店に一方的に契約解除通告…店主が怒りの告発
セイコーにも言い分はあるというか、契約に基づいているのでしょうけど・・・
このままだとセイコーほんまにヤバイんじゃないですか?
時計のセイコー、絶望の利益9割減。老舗ブランドに何が起きたのか?
とにかく問題なのが、ありとあらゆる方面から言われている「アフターの悪さ」と「朝令暮改の繰り返しの如き廃盤の嵐」ですよ。
アフターの悪さに関しては、とにかくロレックス社の爪の垢を煎じて飲むぐらいしないとダメです。
クレドールとGSにガランテあたりだけでいいので、ロレックス社に準じたアフターをやらないとダメです。
これは絶対に言い切れることです。
クレドールやGS以外の一般的なモデルも、もうちょっと愛想よくアフターしてもらえませんかね?
これだけ海外モデルも普通に出回っていますし、根っからのセイコーファンの裾野は広いのですから。
ここ20年ぐらいセイコーファンで、クレドール・ノードとGSクォーツ持ちとして思うのが、とにかく悪手だったクレドールの扱いでしょう。
クレドールという超一流の製品のブランド価値を伸ばすことなく潰すことばかりやってきましたね。
なぜもっと長い目で育てるべきだったフェニックスをあんな扱いにしたのでしょう?
クレドールの中で評価の高かったノードの扱いや、パシフィークの扱いにも疑問があります。
スポーティモデルをGSに集約したかったのでしょうけど、その割にはGSのラインナップもよくわからないラインナップです。
あと、GSはやみくもに値段を上げてもダメです。
スプリングドライブは素晴らしい技術ですが、それだけではブランド価値は上がりません。
裾野を広げる事をしないとダメです。
原点とも言えるクォーツモデルも力入れてください。
世界最高のクォーツには価値=ブランドがあります。
とにかくセイコーは一番好きな時計メーカーなので頑張っていただきたいです。
あとSBDX001なんですが、買いそびれちゃったし先立つものもないので、余ってたらください。
35歳以上の男が着る私服のお手本がこれ。靴6万円、バッグ2万円、時計59万円
時計ってもんは畢竟値段で考えたら「おもんない」もんです。
時計だけでなく、靴でもカバンでも服でもそうですね。
やみくもに高い物買えばいいってもんでも、安ければいいってもんでもないでしょう。
どれだけ楽しめる事ができるかどうかじゃないですかね。
値段がどうとかブランドがどうとかってのは野暮ってもんです。

Bitcoin gobbles up clean energy — just when the real world needs it most
英文ですが、重要な事は一つですね。
ビットコインでアレコレやるのにポルトガル一国分に相当する電力消費量が必要である、という部分です。
つまりこれから先に訪れるであろうフィンテック革命にしろAIだ何だってやろうと思ったら電力がどんだけ必要になるんじゃ?ってことですね。


【朗報】ベーシックインカムで「労働意欲が減少」「堕落する」はウソだったことが判明する→
BI自体は非常に合理的だと考えています。
ただ導入しようとするとアレコレ反対する連中のウザさと、骨抜き化されて食い物にされるだけだろうという予見しかないので反対派なのです。
閑話休題
月に7万円の給付だと、働かないと食べていけないので労働は継続しますよね。
でも7万円の可処分所得が増えるわけですから、生活環境の改善や投資活動に回すことができるので生きる意欲自体が増える事が予見されるわけです。
月10万円ぐらいでも、そうでしょうね。
13万円を越えると労働しなくても生きていける層が増えるので、働かない人も増えるかもしれませんね。
いずれにせよ、BIにするのかどうかというのは「太陽と北風」の理論になるんですよね。
我が国は北風理論がいたるところで幅をきかせている感もあります。
兎にも角にも根性主義的精神論というのは廃滅すべき代物だと言うことです。
やる気や工夫で何とかするより物理的・経済的にコストをかける方が「お得」で「お値打ち」になるもんですよ。
安倍政権に足りない「本当の経済政策」がこちら→

堀江貴文氏のBI導入論はわかりやすくて良いです。
逆に導入時に予想される各種反対論やらが安易に想像できますね。
役人を敵に回して導入可能かどうか、アレコレ廃止するってことは利権をごっそりなくすわけですから、相当ですよ。
しかし日本でやれたら凄まじい経済効果でしょう。
現役世代の可処分所得を増やさないと成長が持続しないのですから、BI導入で一気に成長路線回帰できるわけです。